東京の空。2つの塔

前回までで、都内のいくつかの展望台やビルなどご紹介ましたが。

やはり双璧をなすのが、東京タワーと、東京スカイツリー

近くにあるといつでも行ける。そう思うといつでも行けるだろう。

と先延ばしになるので、今のうちに行っておこうって事で。

・2018/03/24 PM 14:30 東京都 墨田区 東京スカイツリー

平日とはいえ甘く見ていた。当日券買い並ぶの30分強の時間がかかった。

自立式の電波塔としては、今現在は世界一であり、周辺地域も変わりました。

日本最速を誇るエレベーターであっさりと、地上350mへ。

その風景は別格でした。

展望デッキから360度、東京を見渡せる。

確かにいろいろな所から、見れるだけあってかなり見れます。

そういえば、筑波山の頂上からでも見えたの覚えてますわ。

かつては業平橋(なりひらばし)と呼ばれていた場所。

その名を知る人はどれ位居るだろうか。

ミニチュアじゃなくて、本当に人が住んでいるんだものなー。

地震大国日本の上に立つだけあって、耐震、免震性も良く考慮され建設されてます。

水族館があったり、お店もいっぱいあったり。もはやここも1つの街ですね。

さらに450mの東京スカイツリー天望回廊へ。

ここで、ドバイのブルジュカリフ[124階]と同じ。

でもあちら、148階(地上約555m)が(笑)

生まれ育ったという点では、やはり感慨深いものはありますけどね。

しかし、やはり東京の夜を彩るのは、ここを語らずしてはないと思います。

・2018/03/34 PM 18:00 東京都 港区 芝 東京タワー

生まれも育ちも東京な自分は、小さい頃から見てて今も変わらずある。

東京タワーに、やはり「東京」を感じます。

「いつものオレンジ色」に光っていますが。

航空法で決まってて、正確には「インターナショナルオレンジ」といいます。

東京タワーのライトアップは、基本2種類。

通常の

ランドマークライト」と

ダイヤモンドヴェール

そして、ランドマークライトは夏と冬でランプが違い、感じが変わる。

1つ1つ手作業で交換してるんだよね。

前回どこで、タワーのカラーが分かというと。公式サイトに載ってます。

その日のライトアップが、わかるのでご覧ください。

開業は1958年、って事で今年開業60周年。

3月からは特別展望台もリニューアル!

タワーは、記憶には無いけど幼い頃に登ったことあるらしく!?

航空障害灯(ビルの赤いランプ)を見て大泣きしたらしいけど。。

下が見えるガラスも恐怖でした(笑)

いろいろと忙しい中でだったので、一度に全て行けるほど効率もよくなく、

やはりスカイツリーとタワーで昼と夜どちら行くかと思ったんですが。

タワーは夜だね。

また今回ご紹介した各種展望台は一部です、もちろんまだまだあります。

東京の空を制覇するという事で。

合間合間で東京都内を巡ってましたが。

東京の光景を様々な高さから見てきて。

この都市は変化し続けている。

見渡せる限り、家や建物のなどがあって、

夜になれば、街明かりがどこまでもある。世界でも稀な光景だと思う。

1つ1つの明かりに、人がいて、そこに生活があって、人生があって。

と思うとすごいもんですよ。

なんか久しぶりに生まれ育ち歩んできた街々を歩いてみました。

オリンピックで変わりつつある東京。

また変わってゆく風景を楽しみにしながらも、どこか寂しさも感じつつ…。

変化を受け入れていく覚悟を持ちながら、巡っていきます。

NEXT=Spring has come