原油価格高騰ー週末24日の原油価格(終値)は妙な反発

 今日のアップは普通に戻った。気がつけば週末だが、嬉しい。ストレスは一挙に弱まった。来週こそ。天気は一転良くなった。酷暑が戻った。台風一過だが、天候の激変振りには着いていけない。またまた暑さ対策。

 週末24日の原油価格(終値)は反発。89セント高のバレル当り68.72ドルになった。これも妙だが、今週はこんなことばかり。株は概ね上げ、ドルが対ユーロで軟化。金融要因は強気だし、そんなところもありか?

 ブレントも反発。1.09ドル高の75.82ドルになった。WTIより上げ幅が大きかったのは、さすが投機のブレント。中東のジオポリ要因は相変わらずだし世界的に不安が渦巻いているからね。妙は妙だが。

 金も反発。19.3ドル上げてオンス当り1213.3ドルになった。高値も反発。12ドル上げて1215.4ドルになった。1200ドル台戻し、行ったり来たい。ドル安が効いたのだろう。まあ、不安も高いから。

 最終取引は原油も金も反落。原油が20セント、金が1ドル下げたのだ。ドルが対ユーロで更に軟化した中だから、金は大したもの。原油は株も上げたと言うのに。やはり、行き過ぎ感か。