あなたが泣いている時もすべての感情は悦んでいる。

一人一人が宇宙の光

今朝は、

アルクトゥルス星の同志

ハグさんから

愛と愛情の違い

について書いてと通信が来たよ。

というのも、

私の恋愛に対する価値観が

1年前と

今とでは

全くというほど

違いがあって、

過去の私

今の私

私が感じていること

相手が感じていること

意識の変容

価値観が変わることで

起こってくる

ジレンマやギャップを

統合すること。

私は度、

それに向き合わされている。

冷静に観ている私と

人間ドラマの中にいたい私

冷静に観ている私は、

一見、相手を傷つけるようなことも

それは傷にはならないと

知っている。

それをバネに上がっていく姿しか見えない。

人間ドラマの中にいたい私は

ドラマに入りきれない自分に

孤独を感じる。

もしかしたら、

同じように

感じている人も

いると思って、

書いてみました。

伝わると良いなぁ。

ハグさんとの対話は

私は宇宙カウンセリングと

名付けてます。

時に厳しく

時に理解しがたく

時には愛で包んでくれる。

そんなMy宇宙カウンセリング

の公開です

興味があれば読んでミソ。

以下

アルクトゥルス星ハグさん

しほ

言葉で話すことに意味はない

歯がゆい思いが

真実ではない

形にこだわる関係性

夫婦

恋人

枠がある関係性の中で

あなた達が学んでいることは

なんだと思う?

うーん。

枠のある関係性の中で

私たちが学んでいることねぇ。

真の自分との統合かな?

その通り。

というのは、

それが真実ということではなく、

私が伝えたいことと

同じということ。

関係性の中の真実は

何通りもある。

私たちが伝えたいことは、

自分が何者であるかに

こだわっている時は

関係性にもこだわる。

愛されているか。

愛しているか。

隠し事はないか。

感じるままに

いられるかどうか。

感情が安定するか

感情が乱されるか

相手との関係性の中で

自分の位置を

確認しようとしている。

それが

今の人間関係で

蔓延していること。

それは、人間ならではの

愛情があるから

できること。

情があるから

成立する関係性。

うんうん。わかる。

自分の中に

深い愛を知ると

そこに興味がなくなる。

それは、

愛と情の

使い分けができる

ステージに入ったということだよ。

愛は形にこだわらない。

時には嵐になり

時には癒しになり

本当に運ばれる場所へ

お互いが導き手となる。

あなたは今

それを体験しているけど

自覚しているかな?

うん。自覚的にやってる感はあるよ。

でもね、

私だって肉体を持つ人間だから

理解されないと

孤独を感じちゃうなー。

わかって欲しいー。

という思いが出てくるな。

情を求めているなら、

素直になればいいんだよ。

あなたのことが

理解できなくても

あなたが好きだという人は

愛を感じている。

あなたの中で

バランスが取れるようになるには

相手がどんな世界を見ているか

見極めて

付き合う人や

言動を選ぶことだよ。

今、その段階にきている。

愛を知っている人は

情に振り回されない。

愛を知っている人は

自分が何者かであることに

こだわらない。

愛を知っている人は

時に冷酷に見えることもある

愛を知っている人は

感情が持つ宝物を

上昇するエネルギーに利用できる。

自分も相手も

信じることだね。

嵐にもなれば

癒しにもなれる。

人を信じるとは

そういうこと。

良心に従って生きるとは

情で判断せず

真実を見抜くということ。

あなたが泣いている時も

すべての感情は

喜んでいる。

宇宙の理にかなった流れ。

すべて大丈夫。