シリーズ、さまようダイエッターにならないために。有酸素運動。 - 「エルヴィスを聴きながら」 ご機嫌50's(オールディーズ)

まず1日で1?〜2?の変動は当然です。

これは、主に水分。

脂肪は1?、9000kcal。

水分とかを除くと約7200kcal

これ、フルマラソンの3回分の消費カロリーです。

1日で3回フルマラソンできますか?

筋肉も、若く伸び代がある人で、最大、月に体重の1.5%

60?の人で月約900?です。

だから、1日の体重計の数値変動に惑わさられない事が大事です。

有酸素運動をやったら・・・・・・・・。

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

また、このパターンか!

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

もう、良いだろう

   ・

   ・

   ・

   ・

   ・

良い事いっぱいありますよ〜。

有酸素運動=筋肉が減る」

結構、誤解も多いので一筆。

むしろ、やるべきとも言えます。

まず簡単に、有酸素運動のメリットを

・血行がよくなる

・酸素の運搬能力が上がり、疲労回復が早まる

・心肺機能が強くなる

・持久力アップ

・体脂肪が燃えやすい体

などなどなどなどなど・・・・・。

一番は(個人的です)、以前書いたように、

毛細血管が増える事とセロトニンを分泌かな。

重要な部分として、体脂肪の燃えやすい体。

有酸素運動=ダイエット」

ではないのです。

イコールと思っているのが誤解の原因でもあります。

以前に書いたように、有酸素運動は「断続的」ではないのもあります。

人間は、慣れると、それに合うように適応・馴化します。

計算上はカロリー消費はするけど、実際は低燃費状態に。

メリハリをつければホボ解消します。

・インターバル速歩。インターバルエアロバイク等々。

・今日はウォーキング、明日は速歩とか。

一番は、1日おきでも筋トレとの組み合わせが。

筋トレしても適度な有酸素運動は有効で、

実際、ビルダーも、減量期以外でも有酸素運動を取り入れている人は多いです。

ただ、1時間以上連続のジョギングを毎日とかになると、

遅筋優位になり、筋肉は細くなりますが。

「バルクアップ中に有酸素運動なんかやったら筋肉つかない」

なぜこういう意見があるのか?

有酸素運動で、余計なカロリーを使うのはもったいない。

と言うのが正直なところでしょう。

自分も筋トレ直前は、有酸素運動は避けてます。

運動も何でも「パフォーマンス」を如何に出すか。

また筋トレ直後は、力もそこそこ使い果たして出来ません。

有酸素運動も有効に使えば、良い事は多いです。

1日15〜20分を1〜2回程度が良いと思いますが。

強度によっては(ウォーキングとか)、

1時間以上しても全く差し支えないと思います。

ただ、飽きますけどネ♪

今日は、積極的休筋日。

消極的休筋日(完全オフ)でも良かったけど、

その場ジョギング15分1回だけ。

後は、お墓掃除に行ったり、瞑想したりのんびりと。

行動療法も、凄く簡単に。

今回の記事が参考になれば「ポチッ」とネ♪

心と筋肉の言葉

「手抜き息抜きはスパイスさ」

ドラゴンフラッグ