まだOFFでもないのに整備中

タイヤ発注しました。

これから寒くなるのでミシュランパイロットロード2CTにを発注

これからの時期は街乗り中心になるし、暖かくなったらハイグリップに履き替えれば2シーズンぐらいいけるかな…と(スタッドレスかよ!)

ってな訳で…ども、白狼です

GSX-Rを購入してから、ずっと「アッパーカウルを簡単に外す方法ないかなぁ」と考えていた訳ですよ。

色々と検証した結果、これが一番簡単だろう…という事で、この機会にやってみた。

まず、車体左側のコネクター2か所を外す(ラインを車体にに固定しているタイラップも)。

そして、ラムエア・ダクトの固定ネジ左右2本

カウルステーをネックに固定しているボルト2本を外す。そして最後にステアリングダンパーのコネクターを外す。

ステアリングダンパーのコネクターは、最初に外してしまってもいいのですが、やり易いのとアッパーカウルの脱落防止のため最後にしました。

するとガッポリ取れます。うはっ大成功w 簡単すぐるwww

せっかくなので、フォークを固定しているステムとトップブリッジのボルトをリトルク。

一回緩めてネジロック剤を使って弱めに(2kg/cm)締め直すのですが、こうすることで倒立フォークのケースの歪みが抑えられてスムーズに動きます。

ついでにリヤとフロントのスポロケ周りを洗浄。

あとはタイヤが届くのを待つだけ。

それはそれとして、ガレージ哲から油冷機から外したノーマルフォークを見てみたら、インナーチューブが普通に使えそうじゃね?

フォークスプリングだけ使えれば良かったんだけど、これはラッキーw